岩手県立療育センター

利用児(者)一人ひとりを大切な存在としてとらえ、専門的で質の高い公平なサービスを提供します。

お問合せ電話番号

HOME > 機能

診療部門

診療科

外来診療は予約制をとっております。

小児科  … 一般診療、発達相談、予防接種、乳幼児健診、各種診断書作成(特別児童扶養手当認定診断書等)
整形外科 … 一般診療、手術、補装具等作製、各種診断書作成(身体障害者手帳交付に係る診断書等)
児童精神科 … 自閉スペクトラム症、ADHDなどの発達障がいの診療等、各種診断書等
眼  科 … 屈折異常(近視、遠視、乱視)、弱視、斜視等の診療、相談、眼鏡処方
耳鼻咽喉科 … 耳、鼻、のどの病気の診療、耳垢除去、聴力検査等
神経内科 … 一般診療、健康管理、診断書作成等(主に障がい者支援部利用者)
泌尿器科 … 一般診療、自己導尿の指導・管理等
歯  科 … 小児歯科診療、一般歯科診療

科別診療時間帯  午前/午後 ○:診察 -:休診

診療科目
小児科○/○○/○○/○○/○○/○
整形外科○/○○/○○/○○/○○/○
児童精神科○/○○/○○/○○/○-/-
眼科-/--/○-/--/--/-
耳鼻咽喉科-/--/--/--/-○/-
神経内科-/-○/--/--/--/-
泌尿器科-/--/○
(第1.4)
-/--/--/-
歯科○/○○/○○/○○/○○/○

診察時間等

診療時間
  9:00~12:00/13:30~16:00
受付時間
  8:30~11:30/13:00~15:30

受診について

・診療は原則、障がい児を対象とさせていただいております。
・初めて受診される方は、前もって下記に電話でご連絡ください。

お問合せ先

療育連携室 (直通)
(月~金曜日9:00~17:00 祝日、盆休、年末年始除く)
・初めて受診される際には母子健康手帳をご持参ください。身体障害者手帳療育手帳などをお持ちの方はそれらもご持参ください。
・初診、再診にかかわらず、受診の際には保険証各受給者証をご持参ください。
外来イメージ
外来イメージ

訓練科

利用について

・小児科、整形外科、神経内科等の医師の診察により、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、摂食機能療法の各療法が必要と判断されると、各療法士に指示が出され開始されます。
・各療法を行う有資格者は、各々理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と呼ばれています。

訓練の紹介

・理学療法(physical therapy : PT)・・・・・運動発達の訓練・指導
・作業療法(occupational therapy : OT)・・・手や遊びの訓練・指導
・言語聴覚療法(speech therapy : ST)・・・・ことばと食事の訓練・指導

訓練科イメージ

入所部門 

医療型障害児入所施設(病棟)定員60名

・肢体不自由児対応病床 30人・超重症/準超重症児(者)対応病床   20人
・一般対応病床(在宅重症児(者)病状重篤化対応・NICU後送病床機能)10人
 障がいのあるお子さまを対象に、当センターに入所していただき、それぞれに合った治療を行い、自立した生活に必要な各種訓練、支援などを提供します。

医療

・入所児の症状に応じて、障がいをできるだけ軽減し、運動機能の向上を図るため、小児科、整形外科的治療とともに、理学療法・作業療法・言語聴覚療法などを行います。

看護及び支援

・幼児から法に定める原則18歳までのお子さまが入所され、できるだけお子さま及び保護者の皆様のご希望に応えられるよう、看護計画に沿ってお世話をしています。
・お子さまが治療・訓練・教育を受けながら生活される過程で、生活環境の整備や余暇時間の過ごし方の工夫、そのほか看護を通して基本的な動作、生活習慣が身につけられるよう支援しています。
・明るく、規則正しい生活の中で、児童が自信をもって社会参加ができるよう援助し、各種行事を通して社会性と責任感を高めるよう支援します。

教育及び保育

・隣接の岩手県立盛岡となん支援学校で教育が受けられます。また、就学前のお子さまは院内保育「なかよし」を利用できます。

利用の手続き

1.療育センター小児科を受診し、入所のための意見書の交付を受けます。
2.所轄の岩手県福祉総合相談センター若しくは児童相談所で手続きをします。
3.「障害児施設給付費給付決定通知書」の交付を受け、療育センターと利用契約を結びます。

育成部イメージ

お問合せ先

療育連携室 (直通)

短期入所

利用について

一人で歩くことのできない在宅の障がい児(者)の方を短期間お預りし、必要な支援を行います。
対 象:受給者証を持って、利用前に外来で受診し、利用の契約をした方
定員等:短期入所(宿泊) 5名
    日中一時支援(日帰り) 3名
※連続しての利用は原則5日間まで
        入所時間 9:00~16:00
        退所時間 19:30までに来所し、20:00までには退所されるようお願いします。
場所    :病棟
予約受付  :ご利用になる10日前から予約専用電話にて受付いたします。
予約受付時間:月~金朝9時から夕方4時まで

お問合せ先

療育連携室 (直通)

短期入所 空き室情報・予約

 (受付時間:9:00~16:00)


短期入所 空き室情報は、こちらをご覧ください。



在宅支援部門

医療型児童発達支援センター「つくしんぼ」定員20人

利用について

 就学前の手足や体幹に障がいのあるお子さん(幼児)に通所していただき、機能訓練(理学・作業・言語)や保育を通して、その健やかな成長を支援します。
 ご利用時間は、10:00から15:00までです。
 (希望により8:40から16:40のご利用も可能ですのでご相談ください。)

主な活動について

・外部講師による活動:音楽療法、リズム遊び
・親子参加の活動:プール活動(ふれあいランド岩手のプールを利用)、交流保育(保育園児との交流)、親子交流会(園外活動、ミニレクリエーションなど)
・その他の活動:スヌーズレン、制作活動、健康活動、外遊び、誕生会、季節に応じた活動など
・保護者対象:保護者研修会(年2回)、保護者懇談会(年2回)、保護者面談(年2回)

利用の手続きについて

(1)療育センター小児科及び整形外科の受診が必要です。通園利用の可否の判断を受けます。
(2)各市町村の窓口で手続きをします。
(3)「障害児通所給付費給付決定通知書」の交付を受けた後、療育センターとの利用契約を結びます。
 ※利用については、「療育連携室」電話019-601-3227(直通)へご相談下さい。

お問合せ先

育成部通所係「つくしんぼ」(直通)
つくしんぼイメージ

児童発達支援事業所・生活介護事業所「かがやき」定員 15人

利用について

・在宅の重症心身障がい児(者)の方々に、楽しく快適な療育を提供します。
・通所日は月曜日~金曜日です。祝祭日、年末年始、お盆はお休みとなります。
・ご利用時間は10:30から15:30までです。(前後30分間の延長利用もできます。)

主な活動について

 体操、音楽療法、入浴、社会見学、外気浴、クッキング、スヌーズレンなどです。療育センターの行事は一緒に行います。

お問合せ先

育成部重心通所係「かがやき」 (直通)
かがやきイメージ

相談支援部門

岩手県発達障がい者支援センター「ウィズ」

利用について

・自閉スペクトラム症、ADHD(注意欠如多動症)、LD(学習症)等の発達障がいのある方、ご家族、関係機関等に対し、医療機関や地域の相談機関、支援機関と連携をし、生活に関する様々な相談を行います。
・対象者の年齢、診断の有無は問いません。
・電話相談(匿名可)、来所相談のほか、県内8ヶ所に職員を派遣し、地域の支援者への支援を行う地域訪問支援、地域の自立支援協議会への参加及び協力を行っています。
・詳しくは、岩手県発達障がい者支援センター専用ホームページをご覧下さい。

ウィズイメージ

お問合せ先

ウィズイメージ
岩手県発達障がい者支援センター「ウィズ」(直通)
電話 
FAX  019-601-320

障がい児等療育支援事業

 相談支援部地域療育支援係では、乳幼児期を対象に、県内各市町村の保健、 療育、福祉、教育等の関係機関と協力しながら、各地域に合せた療育体制づくり、子育てしやすい環境づくりのお手伝いをいたします。

発達相談支援

・市町村で行われている健診後のお子さんの育ちやことばの発達にかかる相談事業を支援するために、必要に応じて心理職・言語聴覚士といった専門スタッフが出向いて助言・指導を行います。
・市町村で行われている育ちやことばの相談については、お住まいの市町村母子保健・福祉担当課までお問い合わせ下さい。

地域療育支援

・市町村の保健、療育、福祉、教育の各機関と情報交換を行い、地域での療育支援と子育て支援のネットワーク作りをお手伝いしています。
・各種研修会の開催
 療育関係者を対象に、スキルアップを図るための研修会の企画・開催を行っています。
 研修会開催予定及び申込み状況についてはHOME[お知らせ]コーナーをご覧ください。

お問合せ先

ソスカイメージ
相談支援部地域療育支援係(直通)
電話 
FAX  019-601-3208

発達障がい沿岸センター【被災地発達障がい児支援体制整備事業】

対象地域

 田野畑村、岩泉町、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、住田町、陸前高田市

ご利用方法

・来所や訪問による相談をご希望の方は、事前に予約をお願いします。
・内容によって、関係機関と調整しながら対応いたします。
・相談や機関コンサルテーション、講師派遣の申し込みは、お気軽に電話でご連絡下さい。

お問合せ先

カモメイメージ
発達障がい沿岸センター
住所 釜石市大渡町2丁目6-23TRYビル2階
電話 
FAX 0193-55-5591
パンフレットはこちら(PDF)

障がい者支援部門(障害者支援施設)

施設入所支援 定員30人

 自立訓練や就労移行支援を利用する方に居住の場を提供し、生活上の支援や各種相談支援を行います。 利用期間は、自立訓練及び就労移行支援のサービス利用期間に限られます。対象者は、地域の社会資源の状況等により通所することが困難な方となっています。

自立訓練(機能訓練)20人、自立訓練(生活訓練)6人

 自立した日常生活や社会生活ができるよう、一定期間、身体機能や生活能力向上のために必要な訓練を行います。 主な対象者は、機能訓練は肢体不自由の方、生活訓練は精神障がい(主に高次脳機能障がい)の方となっています。

就労移行支援 6人

 一般企業への就労等を希望する方に、一定期間、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。 主な対象者は、精神障がい(主に高次脳機能障がい)の方となっています。

短期入所 定員2人      

 精神障がい(主に高次脳機能障がい)の方等で、ご家庭の都合等で自宅での生活が困難となった場合などにお気軽にご相談ください。

利用について

(1)利用の申し込みは、年間を通して随時受け付けています。まず、見学においでください。
 サービス内容等の説明や訓練状況、施設設備等について見学をしていただきます。
(2)利用を希望される方は、市町村の障害福祉担当窓口に当センター障がい者支援部の利用を申し出て、障害福祉サービス受給者証発行の申請を行ってください。

障がい者支援

お問合せ先

障がい者支援部 電話 (直通)

機能

ページのトップへ戻る